2021年|医師事務作業補助体制加算の算定要件と施設基準について

医師事務作業補助体制加算

勤務医の負担の軽減及び処遇の改善を図るための医師事務作業の補助の体制その他の事項につき別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関に入院しているもの(入院基本料または特定入院料のうち「医師事務作業補助体制加算」を算定できるものを現に算定している患者様に限る)について、当該基準に係る区分に従い、入院初日に限り以下の点数を加算します。

医師事務作業補助体制加算1

イ 15対1補助体制加算 970点

ロ 20対1補助体制加算 758点

ハ 25対1補助体制加算 630点

ニ 30対1補助体制加算 545点

ホ 40対1補助体制加算 455点

ヘ 50対1補助体制加算 375点

ト 75対1補助体制加算 295点

チ 100対1補助体制加算 248点

医師事務作業補助体制加算2

イ 15対1補助体制加算 910点

ロ 20対1補助体制加算 710点

ハ 25対1補助体制加算 590点

ニ 30対1補助体制加算 510点

ホ 40対1補助体制加算 430点

ヘ 50対1補助体制加算 355点

ト 75対1補助体制加算 280点

チ 100対1補助体制加算 238点

スポンサーリンク

医師事務作業補助者の業務とは

医師の指示の下に、診断書等の文書作成補助、診療記録への代行入力、医療の質の向上に資する事務作業(診療に関するデータ整理、院内がん登録等の統計・調査、教育や研修・カンファレンスのための準備作業等)、入院時の案内等の病棟における患者対応業務及び行政上の業務(救急医療情報システムへの入力、感染症サーベイランス事業に係る入力等)への対応に限定するものであること。
なお、医師以外の職種の指示の下に行う業務、診療報酬の請求事務(DPCのコーディングに係る業務を含む。)、窓口・受付業務、医療機関の経営、運営のためのデータ収集業務、看護業務の補助及び物品運搬業務等については医師事務作業補助者の業務としないこと。

医師事務作業補助者の配置について

医師事務作業補助者は、院内の医師の業務状況等を勘案して配置することとし、病棟における業務以外にも、外来における業務や、医師の指示の下であれば、例えば文書作成業務専門の部屋等における業務も行うことができる。
ただし、医師事務作業補助体制加算1を算定する場合は、医師事務作業補助者の延べ勤務時間数の8割以上の時間において、医師事務作業補助の業務が病棟又は外来において行われていること。
なお、医師の指示に基づく診断書等の文書作成補助、診療記録への代行入力及び医療の質の向上に資する事務作業(診療に関するデータ整理、院内がん登録等の統計・調査、教育や研修・カンファレンスのための準備作業等)に限っては、当該保険医療機関内での実施の場所を問わず、病棟又は外来における医師事務作業補助の業務時間に含めることとする。

医師事務作業補助体制加算の施設基準

医師事務作業補助体制加算1

イ 医師の事務作業を補助する十分な体制がそれぞれの加算に応じて整備されていること。

ロ 勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に資する体制が整備されていること。

医師事務作業補助体制加算2

イ 医師の事務作業を補助する体制がそれぞれの加算に応じて整備されていること。

ロ 医師事務作業補助体制加算1のロを満たすものであること。

タイトルとURLをコピーしました