08 検査

08 検査

2024年心電図検査の点数・算定要件・適応疾患について

D208 心電図検査 1 四肢単極誘導及び胸部誘導を含む最低12誘導 130点 2 ベクトル心電図、体表ヒス束心電図 150点 3 携帯型発作時心電図記憶伝達装置使用心電図検査 150点 4 加算平均心電図による心室遅延電位測定 200点 ...
08 検査

2024年|スパイログラフィー等検査の点数・算定要件・適応疾患

D200 スパイログラフィー等検査 1 肺気量分画測定(安静換気量測定及び最大換気量測定を含む。)90点 2 フローボリュームカーブ(強制呼出曲線を含む。)100点 3 機能的残気量測定 140点 4 呼気ガス分析 100点 5 左右別肺機...
08 検査

B型肝炎の血液検査|査定されないレセプト提出について

肝機能障害や黄疸等でウイルス性肝炎を疑い、HBs抗原検査とその他の血液検査(HBs抗体、HBe抗原、HBe抗体)を同時に行うドクターもいますが、ほとんどの場合は査定されてしまいます。 今回はB型肝炎の血液検査の適応や検査を行うタイミング等に...
08 検査

CT・MRI検査の適応疾患とレセプト請求時の注意点について

CT検査やMRI検査の画像撮影は査定へ返戻が多くなる傾向がある上に、点数も高いためレセプト請求時にはしっかり病名登録がされているかチェックを行う必要があります。 また、肺炎や肺癌を疑い胸部CT検査を行った場合に、まずは胸部X線検査を行うこと...
08 検査

超音波検査(エコー検査)の適応疾患とカルテ記載の注意点について

超音波検査(エコー検査)とは、人の耳では聞こえないほどの高い周波数の音を発生させ、その音の反射を利用し画像化させて臓器の形態を調べる検査です。 一般的に多くみられる検査には、心臓や大動脈の評価を行う心臓超音波検査、腹腔内の臓器や妊娠中の胎児...
08 検査

【レセプト時必見】尿中特殊物質定性定量検査の点数と適応疾患

このページでは尿中特殊物質定性定量検査に掲げられている以下のそれぞれの点数と適応疾患について解説しております。 レセプト時や算定時にご参照ください。 D001-1  尿蛋白 レセ電:160000410/尿蛋白 点数:7点 判断料:尿・糞便等...
08 検査

【レセ時に必見】糞便検査の種類とそれぞれの適応疾患・点数について

検体検査の中に「糞便検査」があります。 糞便検査は腸管感染症の原因を探るために行う検査です。腸管感染症の原因となる病原微生物は細菌のほかにウイルス、寄生虫などがあります。 ではそれぞれの検査内容と適応疾患についてご説明していきたいと思います...
08 検査

外来迅速検体検査加算の算定要件と算定可能検査項目

入院中の患者以外の患者に対して実施した検体検査であって、厚生労働大臣が定めるものの結果について、検査実施日のうちに説明した上で文書により情報を提供し、当該の結果に基づく診療が行われた場合に、5項目を限度として、外来迅速検体検査加算として、検...
08 検査

検査の基本的な決まりと診療料に包括される検査について

医療機関で行われる検査には「尿・糞便検査」「血液学的検査」「生化学的検査」「免疫学的検査」「微生物学的検査」などの検体検査と「呼吸循環機能検査」「超音波検査」「監視装置による検査」「脳波検査」「神経・筋検査」「耳鼻咽喉科学的検査」「眼科的検...
08 検査

【レセプト時に必須】血液化学検査の適応疾患とコスト算定について

患者から1回に採取した血液を検体として以下の1から8までの掲げる検査を5項目以上行った場合は、所定点数にかかわらず、検査項目の数に応じて算定します。 イ 5項目以上7項目以下 93点 ロ 8項目または9項目 99点 ハ 10項目以上 109...