2020年最新版!診療報酬点数の基本的構成について

「初診料と再診料・付随する加算の算定要件について」で診療報酬点数の算定にあたっては「基本診療料」と「特掲診療料」を合わせて算定することをお伝えしました。

特掲診療料には「医学管理」「検査」「画像診断」「投薬」「処置」「手術」など個々の診療行為ごとに点数が定められています。

今回は、診療報酬点数の基本的構成について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

基本診療料

初診料

再診料(診療所または一般病床200床未満の病院、外来診療料(一般病床200以上の病院)

オンライン診療料

院基本料+入院基本料等加算

特定入院料+入院基本料等加算

短期滞在手術等基本料

特掲診療料

医学管理等
医学管理料

在宅医療
在宅患者診療・指導料
在宅療養指導管理料+(在宅療養指導管理材料加算)+(薬剤料)+(材料料)


検体検査実施料検体検査判断料+(診断穿刺・検体採取料)+(薬剤料)+(材料料)
生体検査料(+判断料)+(診断穿刺・検体採取料)+(薬剤料)+(材料料)

画像診断
エックス線診断料(撮影料+診断料+造影剤注入手技料)+(薬剤料)+(フィルム)+(材料料)
核医学診断料(撮影料+診断料)+(薬剤料)+(フィルム)+(材料料)
コンピューター断層撮影診断料(撮影料+診断料)+(薬剤料)+(フィルム)+(材料料)

投薬
【外来患者院内処方】
調剤料処方料薬剤料+(調剤技術基本料)+(材料料)

【外来患者院外処方】
処方箋料

【入院患者】
調剤料薬剤料+(調剤技術基本料)+(材料料)

注射
注射料(注射実施料+無菌製剤処理料)薬剤料+(材料料)

リハビリテーション
リハビリテーション料+(薬剤料)

精神科専門療法
精神科専門療法料+(薬剤料)

処置
処置料+(処置医療機器等加算)+(薬剤料)+(材料料)

手術
手術料+(輸血料)+(手術医療機器等加算)+(薬剤料)+(材料料)
輸血料+(薬剤料)+(材料料)

麻酔
麻酔料(麻酔料+麻酔管理料)+(薬剤料)+(材料料)
神経ブロック料(薬剤料+(材料料)

放射線治療
放射線治療管理・実施料+(材料料)

病理診断
病理標本作製料病理診断・判断料+(診断穿刺・検体採取料)+(薬剤料)+(材料料)

検査に関する用語

検体検査

患者の体から採取した検査材料(検体)について調べる検査のこと

生体検査

患者の体そのものを調べる検査のこと

病理診断

採取または摘出した組織や臓器に対する、顕微鏡などによる形態学的検査のこと

タイトルとURLをコピーしました