在宅自己注射指導管理料の算定要件とカルテ記載について

在宅自己注射指導管理料

「在宅自己注射指導管理料」とは、厚生労働大臣が定める注射薬(※1)の自己注射を行っている方に対して、自己注射に関する指導管理を行った場合に以下の点数を算定することができます。

C101 在宅自己注射指導管理料

1 複雑な場合 1,230点
2 以外の場合
 イ 月27回以下の場合 650点
 ロ 月28回以上の場合 750点
※実施した回数ではなく、指示した回数で算定します

POINT在宅自己注射の導入前には、入院または2回以上の外来、往診もしくは訪問診療により、医師による十分な教育期間をとり、十分な指導を行った場合のみ算定することが可能となります。また、指導内容を詳細に記載した文書を作成して患者に交付することが必要です。

スポンサーリンク

導入初期加算について

初回の指導を行った日の属する月から起算して3月以内の期間に当該指導管理を行った場合には、導入初期加算として、 3月を限度として、580点を所定点数に加算します。

また、処方の内容に変更があった場合には、当該指導を行った日の属する月から起算して1月を限度として、1回に限り導入初期加算を算定できます。

注意事項処方内容変更の度に算定できますが、過去1年以内に使用した薬剤に変更した場合は算定不可です。
また量の変更は該当せず、一般名に変更があった場合のみ算定可能となります。
例) ランタスソロスター→ヒューマリンR注

導入初期加算を行っている患者が保険医療機関を変更した場合は、変更前の保険医療機関から通算して取り扱います。

血糖自己測定器加算について

血糖自己測定値に基づく指導を行うため、血糖自己測定器を使用した場合に、3月に3回に限り以下の点数を加算することができます。

C150 血糖自己測定器加算

  1. 月20回以上測定する場合 350点
  2. 月30回以上測定する場合 465点
  3. 月40回以上測定する場合 580点
  4. 月60回以上測定する場合 830点
  5. 月90回以上測定する場合 1,170点
  6. 月120回以上測定する場合 1,490点
  7. 間歇スキャン式持続血糖測定器によるもの 1,250点

在宅自己注射を毎日行っており、血糖値の変動が激しい者に対して、血糖試験紙を給付し自宅で血糖自己測定を行い、その記録に基づき指導を行った場合に算定します。

注1:血糖値の記入したものが必要であり、回数により点数が異なるためコスト算定時は確認が必要。

注2:記録した血糖値の注意内容について、指導要点の記載がカルテに必要です。

カルテに記載について

在宅療養指導管理料及び血糖測定器加算を算定する際は、在宅療養を指示した根拠、指示事項、指導内容の要点について診療録への記載が必要です。

Bさんのカルテを例に指導内容例を解説いたします。

【自己注射導入前指導例】
A:#糖尿病
1/11 検査所見よりHbA1cが10.3であり、上記と診断しエクア50mg2T2×開始
1/18 血糖値516と高値で内服薬だけでは血糖コントロール困難であり、インスリン加療を開始する
【指導1回目】インスリン導入を行う。慣れるまでは看護師と一緒に行うよう説明した。ランタス6単位から1日1回施行すること、血糖測定を1日1回行うこと、施行前は手を清潔にすること、低血糖の症状と対処法(ぶどう糖内服)について文書を用いて指導した。
1/19 BS:353 1/20 BS:350
1/21 血糖は徐々に落ち着いてきている
【指導2回目】空打ちを2単位してから注射を行うこと、使用済み針は専用のボトルに捨てること、低血糖時はブドウ糖10gを内服すること、インスリン注射は定期的に部位を変えて行うよう指導した。
【在宅自己注射に対する指導】

在宅自己注射に対して以下の指導を行った
・低血糖の症状がある時はブドウ糖10gを内服し、夜間は手の届くところに置くこと
・インスリン注射は定期的に場所を変えて打つこと(腹部及び大腿で)
・使用済みの針は専用のボトルに捨てること
【在宅自己注射が必要な根拠】
血糖の変動が激しく、内服薬だけでは血糖コントロール不可である。インスリン製剤の自己注射でないと血糖が安定しないため、1日1回のインスリン製剤注射が必要と判断した。
【自己血糖測定に対する指導】
血糖値の変動が大きいため、毎日の血糖自己測定を指示し、今月は30回の自己測定を行った。血糖コントロールは不良であり、食事療法の徹底を再度指導した。血糖コントロール不良が続く場合はインスリン製剤の増量を検討する。
タイトルとURLをコピーしました