【医学管理】ニコチン依存症管理料の概要と算定要件

B001ー3ー2 ニコチン依存症管理料
1 ニコチン依存症管理料1
イ 初回 230点
ロ 2回目から4回目まで
(1)対面で行った場合 184点
(2)情報通信機器を用いた場合 155点
ハ 5回目 180点
2 ニコチン依存症管理料2(一連につき)800点

平成18年度診療報酬改定により保険適用が認められ、施設基準に適合し、地方厚生局等に届け出た保険医療機関においては「ニコチン依存症管理料」の算定が可能となりました。

【厚生労働大臣が定める施設基準】

  1. 禁煙治療を行っている旨を保険医療機関内の見やすい場所に掲示していること。
  2. 禁煙治療の経験を有する医師が1名以上勤務していること。
  3. 禁煙治療に係る専任の看護師又は准看護師を1名以上配置していること。
  4. 禁煙治療を行うための呼気一酸化炭素濃度測定器を備えていること。
  5. 保険医療機関の敷地内が禁煙であること。なお、保険医療機関が建造物の一部分を用いて開設されている場合は、当該保険医療機関の保有又は借用している部分が禁煙であること。
  6. ニコチン依存症管理料を算定した患者のうち、喫煙を止めたものの割合等を、別添2の様式8の2を用いて、社会保険事務局長に報告していること。
スポンサーリンク

ニコチン依存症管理料について

入院中患者以外の者に対し、「禁煙治療のために標準手順書」に沿って、初回の管理料を算定した日から起算して12週にわたり、計5回の禁煙治療を行った場合に算定できます。

保険適応の対象患者

ニコチン依存症の保険治療を行うには、以下の要件を全て満たす人でなければ対象となりませんので事前にしっかり問診と説明を行うことが必要になります。

  1. スクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断され、治療の必要性を認めること。
  2. 35歳以上の人に関しては、 ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること。
  3.  直ちに禁煙することを希望している。
  4. 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、 当該治療を受けることを文書により同意している。

POINT「加熱式たばこ」での喫煙者についても「禁煙治療のために標準手順書」に沿って禁煙治療を行います。(2020年より対象者に加えられました)

※手順書は学会(日本循環器学会、日本肺癌学会及び日本癌学会により作成)のウェブサイトに掲載されています。

算定時の注意点

ニコチン依存症管理料を算定する際には、以下のような注意点があります。

情報通信機器を用いて行う診療についての注意点

2020年より「情報通信機器を用いた場合」の点数が新設されましたが、この点数を算定する場合については「再診料・外来診療料・オンライン診療料・往診料・在宅患者訪問診療料」の併用算定はできません。

また、情報通信機器を用いて診療を行う医師は、初回に診察を行った医師と同じでなければ算定できません。

ニコチン依存症管理料2(一連につき)の注意点

2020年より「ニコチン依存症管理料2」が新設されましたが、2回目以降の指導予定日に受診しなかった場合は、電話等で受診を指示する必要があります。

もし受診を中断する場合には、 「受診を中断する理由」をしっかり聴取して診療録に記載してください。

※理由の聴取及び記載については医師以外のもの大丈夫です。また、連絡が取れなかった場合もその旨を診療録に記載しましょう。

初回指導時に算定した管理料についてはそのままで問題ありません。

診療録の記載について

その他の医学管理同様、ニコチン依存症管理料の算定にあたっても、診療録へ管理指導した内容をしっかり記載しなければ個別指導で指摘されますので、しっかり記載しましょう。

初回の管理指導とカルテ記載

  1.  喫煙状況・TDSの確認
  2. 禁煙治療についての説明
  3. 呼気一酸化炭素濃度の測定と結果について(検査費用は別に算定できません)
  4.  禁煙開始日の決定
  5. 禁煙にあたっての問題点の把握と指導
  6. ニコチン製剤の説明(服用方法と副作用などについて)
  7. 次回受診日の確認

2回目以降の管理指導をカルテ記載

  1. 喫煙(禁煙)状況と離脱症状の確認
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定と結果について(検査費用は別に算定できません)
  3. 禁煙継続にあたっての問題点の把握と指導
  4. ニコチン製剤の説明(服用方法と効果・副作用)
  5. 次回受診日の確認

 

タイトルとURLをコピーしました