【B001-1】ウイルス疾患指導料の点数と算定要件について

ウイルス疾患管理料

ウイルス疾患指導料は、肝炎ウイルス疾患又は成人T細胞白血病に罹患している患者に対して、もしくは後天性免疫不全症候群に罹患している患者に対して、それぞれ療養上必要な指導及び感染予防に関する指導を行った場合に、月1回に限り算定することができます。

ただし「特定疾患療養管理料」を算定している患者に対しては算定でませんの注意が必要です。

今回は「ウイルス疾患指導料の点数と算定要件について」をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ウイルス指導管理料の点数について

B001-1 ウイルス疾患指導料

イ ウイルス疾患指導料1 240点

ロ ウイルス疾患指導料2 330点

イのウイルス疾患管理料1については、肝炎ウイルス疾患又は成人T細胞白血病に罹患している患者に対して、ロのウイルス疾患管理料2については、後天性免疫不全症候群に罹患している患者に対して、それぞれ療養上必要な指導及び感染予防に関する指導を行った場合に算定します。

ウイルス性肝炎とは・・・
肝臓がウイルスに感染することで炎症が起こる疾患です。
肝炎ウイルスは主に4種類(A、B、C、E型)あり、いずれもウイルス感染による自己免疫反応によって肝臓の細胞が障害される病気です。

ウイルス指導管理料の加算について

以下に示す厚生労働省が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局に届け出た保険医療機関において、「ウイルス疾患管理料2」の指導が行われた場合は、220点を所定点数に加算することができます。

ウイルス疾患管理料に規定する施設基準について

  • 当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき十分な経験を有する専任の医師が配置されていること
  • 当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき十分な経験を有する専任の看護師が配置されていること
  • 当該保険医療機関内に当該療養行うにつき必要な専任の薬剤師が配置されていること
  • 当該療養を行うにつき十分な体制が整備されていること
  • 当該療養を行うにつき十分な構造設備を有していること

算定時の注意点について

  • 該当するウイルス疾患に罹患していることが明らかにされて以降に、指導を行った場合に算定することができます。ウイルス感染防止のための指導には、公衆衛生上の指導及び院内感染、家族内感染防止のための指導等が含まれます。
  • HIVの感染者に対して指導を行った場合には、「ロ」を算定します。
  • 同一の患者に対して、同月内に「イ」及び「ロ」の双方に該当する指導が行われた場合は、主たるもの一方の所定点数のみを算定します。
  • 厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関において、後天性免疫不全症候群に罹患している患者又はHIVの感染者に対して療養上必要な指導及び感染予防に関する指導を行った場合に算定します。
  • 算定時には指導内容の要点を診療録に記載する必要があります。
タイトルとURLをコピーしました