2024年|精神病棟入院時医学管理加算の算定要件と施設基準

精神病棟入院時医学管理加算の算定要件と施設基準

医師の配置その他の事項につき別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た精神病棟に入院している患者さんについて、以下の点数を算定します。

A230 精神病棟入院時医学管理加算(1日につき) 5点

※精神病棟においては、総合入院体制加算は算定できず、精神病棟入院時医学管理加算のみを算定します。

スポンサーリンク

加算が算定できる入院料について

以下の入院料に対して精神病棟入院時医学管理加算を算定することが可能です。

  • 精神病棟入院基本料
  • 特定機能病院入院基本料(精神病棟のみ)
  • 特別入院基本料

精神病棟入院時医学管理加算の施設基準

(1) 病院である保険医療機関の精神病棟を単位とします。

(2) 精神科救急医療施設の運営については、「精神科救急医療体制整備事業の実施について」に従い実施することとされています。

施設基準の届出に関する事項

精神病棟入院時医学管理加算を算定するには、地方厚生局へ施設基準に係る届出を行うことが必要です。届け出の際は別添7の様式29に必要事項を記載し申請を行いましょう。

届出を行う地方厚生局HPについて

各書式は各地方厚生局のH Pよりダウンロードできます。
タイトルとURLをコピーしました