【2023年】下肢創傷処置管理料の算定要件と施設基準について

下肢創傷処置管理料

厚生労働大臣が定める施設基準を満たしており、地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、下肢の潰瘍を有する患者さん(入院中以外)に対して、下肢創傷処置に関する専門の知識を有する医師が、計画的な医学管理を継続して行い、療養上必要な指導を行った場合に、「下肢創傷処置」を算定した日の属する月において、月1回に限り算定する。

下肢創傷処置管理料 500点

糖尿病合併症管理料を別に算定することはできません。

スポンサーリンク

算定要件について

初回算定時に治療計画を作成し、患者及び家族等に説明して同意を得るとともに、毎回の指導の要点を診療録に記載すること。

肢創傷処置管理料の施設基準

  • 当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき十分な経験を有する整形外科、形成外科、皮膚科、外科、心臓血管外科又は循環器内科を担当する常勤の医師が配置されていること。
  • 当該療養を行うにつき必要な体制が整備されていること。

届出を行う地方厚生局HPについて

届出を行う際は、保険医療機関が所在する都道府県を管轄する地方厚生局に必要書類を1部提出する必要があります。

各書式は各地方厚生局のH Pよりダウンロードできます。
タイトルとURLをコピーしました