2024年| 看護配置加算の算定要件と施設基準について

看護配置加算

別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たしており、地方厚生局長等に届け出て当該基準による看護を行う病棟に入院している患者(入院基本料(特別入院基本料等を除く)又は特定入院料のうち、看護配置加算を算定できるものについて、所定点数に以下の点数を加算します。

A213 看護配置加算(1日につき) 25点

スポンサーリンク

算定要件について

看護配置加算は、看護師比率が40%以上と規定されている入院基本料を算定している病棟全体において、70%を超えて看護師を配置している場合に算定します。

加算が算定できる入院料について

看護配置加算については、以下の入院料に対して加算を算定することが可能です。

  • 一般病棟入院基本料(地域一般入院料3のみ)
  • 結核病棟入院基本料
  • 精神病棟入院基本料
  • 障害者施設等入院基本料
  • 特定一般病棟入院料

令和6年 看護配置加算の施設基準

(1)地域一般入院料3、障害者施設等入院基本料15対1入院基本料又は結核病棟入院基本料若しくは精神病棟入院基本料の15対1入院基本料、18対1入院基本料若しくは20対1入院基本料を算定する病棟であること。

(2)当該病棟において、看護職員の最小必要数の7割以上が看護師であること。

届出を行う地方厚生局HPについて

届出を行う際は、医療機関が所在する都道府県を管轄する『地方厚生局』に必要書類を提出して申請を行う必要があります。

基本診療料の各書式(令和6年)については、各地方厚生局のH Pよりダウンロードできます。

届出時の留意事項

  • 各月の末日までに要件審査を終え、届出を受理した場合は、翌月の1日から当該届出に係る診療報酬を算定することができます。また、月の最初の開庁日に要件審査を終え、届出を受理した場合には当該月の1日から算定することができます。
  • 施設基準等の届出に当たっては、原則として郵便による送付をお願いしております。(FAXによる届出はできません。)
  • 届出書は、正本1通(届出書にかかる添付書類を含む)を提出してください。なお、控えとして送付した正本のコピー等を保存してください。
  • 「行政手続きに係る押印を不要とする取扱いについて」により、本ページに掲載されている様式は、令和3年2月1日以降、押印が不要となりました。
タイトルとURLをコピーしました