2024年|創傷処置の点数・算定要件・適応疾患について

2024年|創傷処置の点数・算定要件・適応疾患について

創傷処置は、手術創や褥瘡や外傷などの創の観察・洗浄・ドレッシング材での保護を行うことで、創の治療、感染等を未然に防ぐために実施します。創傷処置については、「創傷」の大きさによって以下の点数を算定します。

J000 創傷処置

1 100平方センチメートル未満 52点
2 100平方センチメートル以上500平方センチメートル未満 60点
3 500平方センチメートル以上3,000平方センチメートル未満 90点
4 3,000平方センチメートル以上6,000平方センチメートル未満 160点
5 6,000平方センチメートル以上 275点

スポンサーリンク

創傷処置の算定要件

(1)「100平方センチメートル未満」については、外来患者さん(入院中以外)及び手術後の患者さん(入院中)についてのみ算定します。手術後の患者さんについては手術日から起算して14日を限度として算定します。

(2)「在宅寝たきり患者処置指導管理料」「在宅気管切開患者指導管理料」又は「在宅喉頭摘出患者指導管理料」を算定している患者さんに対して行った創傷処置(熱傷に対するものを除く)の費用は算定できません。

(3)「6,000平方センチメートル以上」については、6歳未満の乳幼児の場合は、乳幼児加算として、55点を加算します。

(4)創傷処置、熱傷処置、重度褥瘡処置及び皮膚科軟膏処置の各号に示す範囲とは、包帯等で被覆すべき創傷面の広さ又は軟膏処置を行うべき広さをいいます。

(5)同一疾病又はこれに起因する病変に対して創傷処置、皮膚科軟膏処置又は湿布処置が行われた場合は、それぞれの部位の処置面積を合算し、その合算した広さを、いずれかの処置に係る区分に照らして算定するものとし、併せて算定できません。

(6)同一部位に対して創傷処置、皮膚科軟膏処置、面皰圧出法又は湿布処置が行われた場合はいずれか1つのみにより算定し、併せて算定できません。

(7)手術後の患者に対する創傷処置は、その回数にかかわらず、1日につき所定点数のみにより算定します。

(8)複数の部位の手術後の創傷処置については、それぞれの部位の処置面積を合算し、その合算した広さに該当する点数により算定します。

(9)中心静脈圧測定、静脈内注射、点滴注射、中心静脈注射及び植込型カテーテルによる中心静脈注射に係る穿刺部位のガーゼ交換等の処置料及び材料料は、別に算定できません。

(10)軟膏の塗布又は湿布の貼付のみの処置では算定できません。

適応病名

創傷処置については、切創、挫創、擦過傷、咬創などの外傷または、関節捻挫に対して副木固定を行った場合(使用した副木は、特定保険医療材料の項により算定できます)に算定可能です。

タイトルとURLをコピーしました