【2024年】時間外対応加算の算定要件と施設基準について

時間外対応加算の算定要件と施設基準について

別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た診療所において再診を行った場合には、当該基準に係る区分に従い、以下の点数を算定します。

時間外対応加算1 5点

時間外対応加算2 3点

時間外対応加算3 1点

スポンサーリンク

時間外対応加算とは

時間外対応加算は、地域の身近な診療所において、患者さんからの休日・夜間等の問い合わせや受診に対応することにより、休日・夜間に病院を受診する軽症患者の減少、ひいては病院勤務医の負担軽減につながるような取組を評価するものとされています。

院内掲示物について

時間外対応加算を算定するにあたっては、当該保険医療機関において、算定する区分に応じた対応を行うとともに、緊急時の対応体制や連絡先等について、院内掲示、連絡先を記載した文書の交付、診察券への記載等の方法により患者さんに対して周知することが必要です。

緊急時の対応について

電話等による相談の結果、緊急の対応が必要と判断された場合には、外来診療、往診、他の医療機関との連携又は緊急搬送等の医学的に必要と思われる対応を行うことが必要です。

電話等による再診の場合であっても、時間外対応加算の算定可能です。

時間外対応加算1に関する施設基準

  1. 継続的に受診している患者さんからの電話等による問い合わせに対し、原則として当該診療所において、常時対応できる体制がとられていること。また、やむを得ない事由により、電話等による問い合わせに応じることができなかった場合であっても、速やかに患者にコールバックすることができる体制がとられていること。

時間外対応加算2に関する施設基準

  1. 継続的に受診している患者さんからの電話等による問い合わせに対し、標榜時間外の夜間の数時間は、原則として当該診療所において対応できる体制がとられていること。また、標榜時間内や標榜時間外の夜間の数時間に、やむを得ない事由により、電話等による問い合わせに応じることができなかった場合であっても、速やかに患者にコールバックすることができる体制がとられていること。
  2. 休診日、深夜及び休日等においては、留守番電話等により、地域の救急医療機関等の連絡先の案内を行うなど、対応に配慮すること。

時間外対応加算3に関する施設基準

  1. 診療所(連携している診療所を含む)を継続的に受診している患者さんからの電話等による問い合わせに対し、複数の診療所による連携により対応する体制がとられていること。
  2. 当番日については、標榜時間外の夜間の数時間は、原則として当該診療所において対応できる体制がとられていること。また、標榜時間内や当番日の標榜時間外の夜間の数時間に、やむを得ない事由により、電話等による問い合わせに応じることができなかった場合であっても、速やかに患者にコールバックすることができる体制がとられていること。
  3. 当番日以外の日、深夜及び休日等においては、留守番電話等により、当番の診療所や地域の救急医療機関等の案内を行うなど、対応に配慮すること。
  4. 複数の診療所の連携により対応する場合、連携する診療所の数は、当該診療所を含め最大で3つまでとすること。

届出を行う地方厚生局HPについて

施設基準の届出を行う際は、保険医療機関が所在する都道府県を管轄する地方厚生局に必要書類を1部提出する必要があります。

時間外対応加算に係る届出は、別添7の様式2を用いることとされています。

各書式は各地方厚生局のH Pよりダウンロードできます。
タイトルとURLをコピーしました