検査

検査

超音波検査(エコー検査)の適応疾患とカルテ記載の注意点について

超音波検査(エコー検査)とは、人の耳では聞こえないほどの高い周波数の音を発生させ、その音の反射を利用し画像化させて臓器の形態を調べる検査です。 一般的に多くみられる検査には、心臓や大動脈の評価を行う心臓超音波検査、腹腔内の臓器...
検査

【レセプト時必見】尿中特殊物質定性定量検査の点数と適応疾患

このページでは尿中特殊物質定性定量検査に掲げられている以下のそれぞれの点数と適応疾患について解説しております。 レセプト時や算定時にご参照ください。 D001-1  尿蛋白 レセ電:...
検査

【レセ時に必見】糞便検査の種類とそれぞれの適応疾患・点数について

検体検査の中に「糞便検査」があります。 糞便検査は腸管感染症の原因を探るために行う検査です。腸管感染症の原因となる病原微生物は細菌のほかにウイルス、寄生虫などがあります。 ではそれぞれの検査内容と適応疾患についてご説明し...
検査

外来迅速検体検査加算の算定要件と算定可能検査項目

入院中の患者以外の患者に対して実施した検体検査であって、厚生労働大臣が定めるものの結果について、検査実施日のうちに説明した上で文書により情報を提供し、当該の結果に基づく診療が行われた場合に、5項目を限度として、外来迅速検体検査加算と...
検査

検査の基本的な決まりと診療料に包括される検査について

医療機関で行われる検査には「尿・糞便検査」「血液学的検査」「生化学的検査」「免疫学的検査」「微生物学的検査」などの検体検査と「呼吸循環機能検査」「超音波検査」「監視装置による検査」「脳波検査」「神経・筋検査」「耳鼻咽喉科学的検査」「...
検査

【レセプト時に必須】血液化学検査の適応疾患とコスト算定について

患者から1回に採取した血液を検体として以下の1から8までの掲げる検査を5項目以上行った場合は、所定点数にかかわらず、検査項目の数に応じて算定します。 イ 5項目以上7項目以下 93点 ロ 8項目または9項目 99点 ハ...
検査

ヘリコバクター・ピロリ感染症の診断及び治療に関する取り扱い

ヘリコバクター・ピロリ感染症に関して検査や治療がされた場合、レセプト作成時には通常の検査とは違って少し複雑で、診療報酬明細書の摘要欄に必要なコメントがいくつがあります。 まず、ヘリコバクター・ピロリ感染症に係る検査については、...
検査

血液ガス分析とは?適応疾患と基本的な診断方法について

D007 37 血液ガス分析  140点 レセ電:160027710/血液ガス分析 判断料:生化学的検査(Ⅰ)判断料 144点 血液ガス分析とは、動脈血あるいは静脈血を検体として分析し、肺胞におけるガス交換...
検査

【レセプト時に必須】血液形態・機能検査の適応疾患とコスト算定

赤血球沈降速度(ESR) 赤血球沈降速度(ESR) 9点 適応疾患 膠原病 悪性腫瘍 心筋梗塞 ネフローゼ症候群 慢性肝炎 多発性骨髄腫 貧血 播種性血管内凝固 ...
検査

【レセプト時に必須!】穿刺液・採取液検査の適応疾患とコスト算定

ヒューナー検査 ヒューナー検査 20点 適応疾患 不妊症 ヒューナー検査は「性交後試験」とも呼ばれています。夫婦生活の後、 実際に頚管粘液の中に精子が進入できているかを判定する...